クライアントサイドでのハイドレーション

entry-client.js において、以下の記述で私たちは簡単にアプリケーションをマウントします:

// これは、ルート要素に id="app" をもつ App.vue テンプレートを想定します
app.$mount('#app')

サーバがマークアップを描画後に、この処理を実行し、すべての DOM を再生成することを私たちは当然したくありません。代わりに、静的なマークアップの"ハイドレート (hydrate)"とそれをインタラクティブに生成したいです。

サーバの描画出力を調べたら、アプリケーションのルート要素が以下のような特別な属性を持っていることに気づくでしょう:

<div id="app" data-server-rendered="true">

この data-server-rendered という特別な属性は、クライアントサイドの Vue に、これがサーバ上で描画されたことを知らせ、この要素はハイドレーションモードでマウントされるはずです。id="app" に、単に data-server-rendered が追加されていないことに注意してください。ID または 他のセレクタを自分自身のルート要素に追加する必要があります。そうしないと、アプリケーションが適切にハイドレーションできなくなります。

開発モードでは、Vue はクラインアントサイドで生成された仮想 DOM が、サーバで描画された DOM の構成と一致しているか検証を行います。もしこれが一致していない場合、ハイドレーションを取りやめ、元の DOM を無視しスクラッチから描画を行います。プロダクションモードでは、パフォーマンスの最大化のため、このアサーションは無効になります。

ハイドレーション時の注意

サーバサイドの描画とクライアントサイドでのハイドレーションを行なった場合、ある特定の HTML の構造はブラウザによって変換されるかもしれないことがわかっています。例えば、あなたが Vue のテンプレート内に、以下のような記述をした場合です:

<table>
  <tr><td>hi</td></tr>
</table>

ブラウザは、自動で <tbody><table> に挿入します。しかし、Vue によって生成された仮想 DOM は、<tbody> を含みません。そのため、不一致が起こります。正しいマッチングを保証するために、あなたのテンプレート内では、必ず有効な HTML を記述してください。